CIVILIAN、自主企画対バンツアー「INCIDENT619」に中田裕二、さユリ、GARNiDELiAの出演が決定!

2018.3.26 18:51

CIVILIAN、自主企画対バンツアー「INCIDENT619」に中田裕二、さユリ、GARNiDELiAの出演が決定!サムネイル画像

CIVILIAN

2008年にバンド結成し、二度の改名を経て、ついに昨年11月22日にメジャーファーストアルバム「eve」をリリースした、コヤマヒデカズ(ボーカル&ギター)、純市(ベース)、有田清幸(ドラム)からなるスリーピースバンドCIVILIAN(シヴィリアン)が、自らの音楽ルーツやリスペクトするミュージシャンをゲストに招いて実施する対バンイベント“CIVILIAN presents INCIDENT619”を東京・名古屋・大阪で行う事を発表された。

東京公演は5月16日(水)渋谷CLUB QUATTRO、名古屋公演は5月18日(金)名古屋ell.FITS ALL、大阪公演は5月25日(金)梅田Banana Hallで行う。 2011年から断続的に開催されているこのイベントは、CIVILIANとしての演奏もありつつ、今回は” 招いたゲストのバックバンドをCIVILIAN自身が務める”という新たな試みにトライする事が決定した。 各公演、招くゲストもCIVILIANのメンバー自身にとって本当に強い思い入れがあるアーティストにオファーをし、共演が実現。メンバー一同、バックバンドを務める事に並々ならぬ緊張感をもっている。

まず、この企画の第一弾となる東京公演のゲストは、CIVILIANのメンバーが大きなリスペクトを寄せ、バンドの音楽性にも多大なる影響を与えたバンド、椿屋四重奏(活動期間:2000年〜2011年)のVo.&Gt.で、 現在はソロとして精力的に活動を展開しているシンガーソングライターの中田裕二(なかだゆうじ)のゲストが決定。 CIVILIANメンバーそれぞれが、椿屋四重奏、中田裕二ソロのマイベストソングを選曲し、本人と協議の上セットリストを作成。 憧れの対象でもある中田裕二の背を見ながら、CIVILIANがどのようなグルーヴを生み出すのか。 “中田裕二四重奏“とでも呼ぶべき、一夜限りの特別な四重奏によるパフォーマンスは必見である。

続いて行われる名古屋公演では、今もっとも勢いのある女性アーティストの一人”酸欠少女”こと、さユりのゲストアクトが決定。 CIVILIANのメンバーもデビュー当初から注目しており、オファーに至ったのですが、実はさユりもCIVILIANの楽曲を強く好んで聴いていた事が、 今回CIVILIANのメンバーとの顔合わせで初めて明らかになった。お互いに強くリスペクトし合っている両者は、どちらも人間心理の深く、 目を背けたくなるような部分までもを言葉にして聴き手の心に突き刺すという意味では非常に近い音楽性を持っており、どのようにエモーショナルさを爆発させるのか、要注目である。

ツアーのファイナルの大阪公演では、GARNiDELiAのゲスト出演が決定した。 元々Voのコヤマヒデカズとは別名義ナノウでのアルバム「The Waltz Of Anomalies」の総合プロデュースをGARNiDELiAのtokuが担当。 メイリアともナノウとしてかつてイベントで共演をするなど、昔から深い縁があり、ずっと「いつかGARNiDELiAとCIVILAINde 対バンを!」と両者話していたのだが、満を持して今ツアーで実現した。 GARNiDELiAの多岐にわたる音楽性とCIVILIANの奏でる生のグルーヴとの融合が楽しみだ。

CIVILIAN presents INCIDENT619

Vol.11 5月16日(水) 東京 / 渋谷CLUB QUATTRO w/中田裕二
Vol.12 5月18日(金) 愛知 / 名古屋 ell.FITS ALL w/さユリ
Vol.13 5月25日(金) 大阪 / 梅田Banana Hall w/後日発表

関連画像

関連記事