清水翔太が「16歳の頃の自分を思い出す」と語る當山みれい、セカンド作品リリースを発表

2014.8.26 17:10

清水翔太が「16歳の頃の自分を思い出す」と語る當山みれい、セカンド作品リリースを発表サムネイル画像

新人実力派現役女子高生ダンサーソングライター=當山みれい(16歳)が、8月24日に清水翔太・SHUNと共に出演した、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014『SKY HIGH 2014』」のステージで、セカンド作品「Memories」をリリースすることを発表した。

「Memories」は當山みれいがNY留学中に日本に残した家族や友人に対し感じた感謝と、決意を歌った楽曲。ライブでは必ず1曲目に披露され、リリースが発表される前からダントツの人気を誇るアッパーチューン。

「音霊」では、「みれいを見ていると、16歳の頃の自分と似ている部分があって、当時を思い出す。すごく才能があるアーティストだと思うので、期待しています。」とMCで語った清水翔太と「I’ll Be There」をコラボ歌唱するなどのサプライズ演出でかなりの盛り上がりをみせ、セカンド作品リリースが発表されると、ボルテージの上がったオーディエンスから大きな歓声が上がった。

セカンド作品には、表題曲の他、豪華クリエーター陣が手掛けるリミックス他、カバー曲も収録される予定だという。なお、表題曲「Memories」は8月25日から各配信ストアで先行配信も開始されているので、早めにチェックしよう。

関連画像