東野幸治 大竹しのぶとIMALUの交友関係に「明石家さんまの呪縛」とコメント

2018.3.22 17:45

東野幸治 大竹しのぶとIMALUの交友関係に「明石家さんまの呪縛」とコメントサムネイル画像

大竹しのぶ

21日に放送された日本テレビ系「1周回って知らない話」で、東野幸治が大竹しのぶに対する気持ちを明かした。

番組に大竹がゲストとして登場すると、番組MCを務める東野に対し「もう汗かいてますね」と笑いかけた。これに東野は「ドキドキ緊張してるんですよ」「大竹しのぶさんの前で汗かかない人なんていないですよ」とコメントした。

そして、高橋優やback number・清水依与吏、ゴールデンボンバー・鬼龍院翔などミュージシャンと親交があるという大竹は、芸人との交友について質問されると「誘われたこともないし、なんか嫌われてるのかなって思うくらい」と答えた。

すると、東野は「これは申し訳ないですけど、明石家さんまの呪縛で、大竹さんとIMALUちゃんには近づいたらアカンって、勝手にそう思ってるんです」と話し、大先輩である明石家さんまの存在が大きいと説明した。

これに共演していた菊地亜美が「私、IMALUちゃんと仲良くさせていただいてるんですけど、IMALUちゃんも同じ事言ってて、関係なしに(近寄って)来るのアントニーだけって言ってました」と、マテンロウのアントニーだけは、大先輩の娘ということを気にしていないと話し、スタジオからは笑いが起こっていた。

そんな大竹と明石家さんまは、離婚後も仲が良いことでよく取り上げられているが、以前、高橋優が2人へ書き下ろしたという『キライナヒト』という楽曲を、本人たちがテレビ番組で披露し、多くの反響が寄せられていた。

関連画像

関連記事