菅田将暉、マナーの良くないファンについて「腹たってるからねこっちは」と苦言

2018.3.21 17:00

菅田将暉、マナーの良くないファンについて「腹たってるからねこっちは」と苦言サムネイル画像

菅田将暉

19日に放送されたニッポン放送のラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』で、菅田将暉が遭遇したファンについて話す場面があった。

番組で菅田は、関西へ撮影に行った際、収録後に出演者らとラーメンを食べに行ったと話し始め、店が混んでいたため外で待っていると、ファンに気づかれ「菅田さん!ドラマ見ました!」など声をかけてくれる人がいたという。

菅田が、ファンの対応をしていると、離れたところから「うわ!菅田将暉おるやん!」「ほんまにおるやん」「めっちゃ好き」と指をさしてくる人がいたといい、菅田は「めっちゃ好きなやつに指はささんから」と呆れたように話した。

そして、菅田は「そういう子らって、仲間呼びよるんすよ」と、菅田がいると友人にまで電話し始めたと言い「写真ごめんなっていうても聞こえてないんですよね」と、勝手に写真も撮られてしまったと明かした。

また、他のファンについても、道路の反対側に菅田がいることに気づき、車道を横断して走ってくる行為などについても「危ないときとかあるから、あぁいうのは本当ね、困るんですよね」と話し、やめてほしいとリスナーに伝えた。

菅田は笑い声をあげながらも「今でこそこうやって笑って話せるけど、ほんまそん時は腹たってるからねこっちは」と、マナーの良くないファンについて振り返っていた。

このエピソードに菅田は「菅田くんが笑いに変えたのでその思いを受け止めます!!」「芸能人だからって、何してもいいわけじゃない」「こういうのちゃんと言える菅田くん本当に素敵です」と、応援の感想が寄せられていた。

菅田は過去にも街中で遭遇するファンについて話しており、その際に握手を求められるかと思い、菅田が準備していると「じゃあ頑張ってください!」とファンが去ってしまったため「俺は何を、何を握手を求められると思ったんや、驕ったなぁと思って」と、思い上がっていたと反省していたことがあった。

関連画像

関連記事