菅田将暉、三代目JSB・山下健二郎がラジオドラマ「明るい夜に出かけて」で共演

2018.3.20 11:45

菅田将暉、三代目JSB・山下健二郎がラジオドラマ「明るい夜に出かけて」で共演サムネイル画像

ニッポン放送

第30回山本周五郎賞を受賞した青春小説「明るい夜に出かけて」が、オールナイトニッポン50周年の記念としてラジオドラマ化されることが発表され、現役パーソナリティを中心とした豪華キャストが出演することが決定した。

2013年4月から2016年3月まで放送された「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」のリスナーである登場人物の葛藤を描いた、青春小説「明るい夜に出かけて」。同番組のヘビーリスナー・はがき職人であり、社会での自分の居場所・人付き合いに悩む主人公の富山一志を演じるのは、自身も現在、毎週月曜日の「オールナイトニッポン」を担当している菅田将暉。

ほかにも、富山が働くコンビニで偶然出会う同作のヒロイン・佐古田愛役を女優の上白石萌音が、富山のバイト先の先輩・鹿沢大介は三代目J Soul Brothersの山下健二郎が、そして富山の幼馴染・永川正光役を花江夏樹が演じる。

先日、上記主要キャスト四人が登場するシーンの収録が行われた。声優の花江夏樹を除く三人は、これがラジオドラマ初挑戦となったが、作品中に描かれた、深夜ラジオリスナーなら誰もが感じたであろう想いに感銘を受けた彼らの熱演が光った。

また、本作には他にも、ラジオパーソナリティ経験のある豪華キャストが多数出演予定。誰がどのような形で出演するのか、続報にご期待頂きたい。

オールナイトニッポン50周年スペシャルラジオドラマ「明るい夜に出かけて」は、4月16日(月)深夜1時から、主演の菅田将暉がパーソナリティを務める「菅田将暉のオールナイトニッポン」内で放送される。

【菅田将暉 コメント】

ラジオならではの出会い・ラジオだからこそ生まれてくる笑い声。
好きなもので繋がることって、ほんとに幸せな出会いだなと思います。
辛いことがあったとしても、自分の好きなものに背中を押されて、頑張っていこうと思えるそんな作品になっています。
いやー、ラジオってすげー!!!!!

【山下健二郎 (三代目J Soul Brothers)コメント】

個人として初めてのラジオドラマでした。声だけで全て表現するため難しかったですが、貴重な体験をさせていただきました。
普段話してる話し方とは違い、滑舌に気をつけながら間をたっぷり取りながら話す演技は、ラジオドラマならではですね!
完成したのを聞くのが、今から楽しみです!

関連記事