シシド・カフカの超心配性な逸話披露しネットでは「めっちゃわかる」「かなり共感」の声

2018.3.16 20:10

シシド・カフカの超心配性な逸話披露しネットでは「めっちゃわかる」「かなり共感」の声サムネイル画像

シシド・カフカ

15日に放送されたフジテレビ系『アウト×デラックス』にシシド・カフカが出演し、極度の心配性だというシシドの様々なエピソードが紹介された。

番組内で、シシドはクレジットカードを持つのが怖いといい「落としたらとか、知らない間にちょっとずつ引き出されたりとか」と、トラブルを考えてしまうため買い物にも現金を使用すると話した。

事務所に呼び出された時は「一番言われたくないワースト3を決めてから行くんですよね」「誰かが死んじゃったか、プロデューサーが離れるとか、レコード会社の契約が打ち切ります、とか」と、最悪の事態を想定し、それ以外の話題を聞いて「まぁいけるでしょう、なんとかなるでしょうって」と、安心するのだと語った。

そして、閑静な住宅街が嫌いだとも明かし「きゃーって叫んでも絶対誰も助けてくれないじゃないですか」「騒がしい道沿いに住んで、なんかあったら自分で駆け込める場所を見つけておかないと」と、賑やかな場所に住みたいのだと話した。

また、工事現場の近くを通ると機材が落ちてくるのではと考えたり、駅のホームで一番前に並ぶと押されて線路に落ちるのでは、など数々の不安なことを明かし、マツコ・デラックスも「わ〜大変」と、同情の言葉をかけていた。

このエピソードにTwitterでは「シシドカフカわかるーー」「私も思ってる」「かなり心配性だからかなり共感できた」「心配性の話めっちゃわかる」などの共感の声が寄せられていた。

実際にクレジットカードのトラブルにあった芸能人は中居正広がおり、中居は「(クレジット)カードを全然知らない人に使われてた」と言い、その被害総額は『11万440円』になったと明かしていたことがあった。

関連画像

関連記事