星野 源 初のライブ映像作品がBlu-ray、DVD音楽部門と共に1位獲得

2014.8.21 19:10

星野 源 初のライブ映像作品がBlu-ray、DVD音楽部門と共に1位獲得サムネイル画像

8月20日にリリースとなった、星野源の初のライブ映像作品『STRANGER IN BUDOKAN』が、オリコンデイリーチャートのBlu-ray、DVD両音楽部門で1位を獲得し、好スタートを切っている。星野の作品において、デイリーチャート1位を獲得するのは今回が初めて。

星野源プロデュースによる今作は、特典映像などを含め全約200分の内容。さらに星野自身によるオーディオコメンタリーを合わせるとトータル約400分を超える大ボリューム。初回生産限定盤はトータル3万字を超えるブックレットが付属。さらに12月16日、17日に開催される横浜アリーナでの単独公演のチケット先行抽選受付用シリアル番号(8月29日応募受付〆切)も含まれるなど、充実した内容となっている。

この日本武道館ライブは、昨年5月発売の3rdアルバム『Stranger』を記念して、当初は昨年7月19日(金)に開催予定だったが、病気療養に伴う活動休止のため延期、振替公演として、その7ヶ月後の今年2月6日に開催され超満員の約12,000人を動員。星野源の復活となった初の単独武道館プレミアムライブ、そして初のライブ映像作品として大きく注目されている。

関連画像