星野源の新曲「アイデア」がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌に決定

2018.3.8 11:37

星野源の新曲「アイデア」がNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌に決定サムネイル画像

星野源

先日2月28日(水)に、シングル『ドラえもん』をリリースした星野源。3月12日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2月26日~3月4日)では、初登場1位を獲得。前作『Family Song』(2017年8月発売)に続き、2作連続の1位を記録し、今後の活動にますます注目が集まる中、4月から始まるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」の主題歌を星野源が担当する事が決定した。

「半分、青い。」は現在放送中の「わろてんか」に続く、4月から始まる平成30年度前期・NHK連続テレビ小説だ。

故郷である岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終りから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描いたドラマとなっている。ヒロインの永野芽郁をはじめ、松雪泰子、滝藤賢一、佐藤健など豪華な出演者にも注目が集まっている。そんな注目のドラマ主題歌に、星野の新曲「アイデア」が決定した。星野がNHKドラマに楽曲提供をするのは初めてとなる。

主題歌「アイデア」は朝の始まりにぴったりなアップテンポな楽曲になっている。毎回ドラマだけでなく、その主題歌も話題になっているNHKの連続テレビ小説だが、星野の新曲がどのように日本全国のお茶の間の朝を彩るのか、続報を待とう。

【星野源からのメッセージ】

オファーを頂き、胸が躍りました。
この「アイデア」という楽曲が、力強く生きる主人公・鈴愛と、いまを生きる皆様の毎朝を支える一曲になればと思います。

関連画像

関連記事

関連リンク