GLAY・TERU、昔の曲について語った言葉にネット反響「神」「大爆笑」

2018.3.8 7:00

GLAY・TERU、昔の曲について語った言葉にネット反響「神」「大爆笑」サムネイル画像

GLAY

7日、GLAYのメンバーが交わしたTwitterでのやり取りに反響が集まっているようだ。

GLAYのオフィシャルTwitterでは、GLAYの音楽や映像を配信する公式アプリで、TAKUROが選ぶGLAYの楽曲プレイリストが公開されたと告知した。

告知の後、HISASHIが自身のTwitterに「セトリタイトル!」とコメントを添え、公式アプリのものと思われるスクリーンショットの画像を投稿した。

投稿された画像には、TAKUROが選んだ楽曲プレイリストがのっており『サラギの灯』や『あの日の少年』など、アルバム収録曲やシングルのカップリング曲といった、知る人ぞ知る楽曲が集められていた。

そして、このプレイリストには『拝啓、テルさん – こいつらを憶えていますか』と、TERUに向けられたタイトルが付けられていた。

このプレイリスト名に、TERUは自身のTwitterで「これか〜!スタジオの控え室で、TAKUROがいきなりサラギの灯って歌える?と言い出したので、メロディーが出てこなくて、演歌っぽい曲!と答え、あの日の少年は?と聞かれたので、今はおじさん!と答えてしまいました…。」と投稿した。

この時のTERUの発言を受け、TAKUROがリスト名を決めたことがうかがえるやり取りに、ファンは「返しが神」「TERUさんの答えに大爆笑しました」「仲良すぎて泣けてくる」「TERU語録にほっこり」と、盛り上がりを見せていた。

GLAYの話題について、ネットの反響が寄せられたことは過去にもある。HISASHIが人気アニメ「けものフレンズ」の主題歌をギターで演奏する動画をニコニコ動画へ投稿し、ネットで「ギターの上手なフレンズですね!」「かっけー!」などの反響が集まっていた。

関連画像

関連記事