iri 待望の初アナログ盤を5lackとの共演曲でリリース決定

2018.3.7 12:00

iri 待望の初アナログ盤を5lackとの共演曲でリリース決定サムネイル画像

iri

2月28日に1年4か月ぶりとなる待望の2ndアルバム「Juice」をリリースしたiri。同作は、iTunesストアのヒップホップ/ラップチャートでは1位を獲得、オールジャンルでも6位となる注目の作品となっている。そんなニューアルバムも高評価を得ている中、待望の初アナログ作品のリリースが決定した。昨年リリースのEP「life ep」から、ビートメイク&客演に5lackを迎えた人気曲がRECORD STORE DAY 2018限定盤として7インチ・カットされるという。

2016年のデビューアルバム『Groove it』から芳醇な音楽性と新人離れした歌唱力で注目を集め、2017年には、ナイキジャパンのキャンペーン・ソングに起用されたシングル「Watashi」、本盤の収録曲も収めたEP「life ep」を発表。2月28日にリリースした2ndアルバム「Juice」では、ケンモチヒデフミ、WONK、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)、yahyelらがプロデュースに名を連ね、耳の早いリスナーから洋楽リスナーまで巻き込んで人気急上昇となっている。

キャリア初のアナログ盤となる本作は、A面に5lackのプロデュースした「Telephone feat. 5lack」を収録。男女がそれぞれの視点で物語を紡ぐメロウ・ソウル・ナンバーとなっており、iriによるシルキーな歌声と5lackの気怠いラップによって織り成される切ないラヴ・バラッドとなっている。

B面には、トラックメイカー/シンガーソングライター、ESME MORIがアレンジを手掛けたグルーヴィー・チューン「fruits」を収録。オーガニックな質感のフューチャー・ビーツ・トラックに、iriの歌声が高揚感たっぷりにこみ上げるダンスフロア対応ナンバーに仕上がっている。

ジャケット・アートワークは、iriのイメージ・イラストも手掛けているグラフィティアーティストKYNEと、ニューヨーク在住のデザイナーTakeshi7Matsumi(BugGraphic)によるコラボレーションとなっている完売必至の作品である。

3月15日から始まる全国ツアーは、3月15日名古屋APPOLO BASE、3月16日大阪 Shangli-ra、3月20日恵比寿 リキッドルームがすでにSOLD OUTしており、 8月18日のSUMMER SONIC(TOKYO)への出演が発表されるなど、今後の動きに注目である。

関連画像

関連記事

関連リンク