中居正広が「絶っている」と話した食べ合わせに「優しさの塊」「何故か涙が」の声

2018.3.6 14:13

中居正広が「絶っている」と話した食べ合わせに「優しさの塊」「何故か涙が」の声サムネイル画像

5日に放送されたTBS系『なかい君の学スイッチ』内で、中居正広が明かした、ある”こだわり”にネットからの反響が集まっているようだ。

番組では、中居の好物だというオリジン弁当の様々なメニューをスタジオに用意。その中で中居が好きなメニューを器に盛りながら「あっ!」と叫ぶ場面があった。

これに中居は「僕は1食、食べる時に鶏を食べる時は卵を食べないって決めてるんです」と、器に盛った鶏の唐揚げと卵入りのマカロニサラダを指しながら、こだわりがあると話し始めた。

この理由について中居は「どの野生動物でも、子どもと親を一緒に食べる動物はいないらしいんです。人間だけ」と、10年ほど前に読んだ本から影響を受けたと明かし「それから僕、親子丼も鮭イクラ丼も絶ってるんです」「バカみたいなことしてます!」と自虐コメントを交えながら告白。

そして「パッと(器を)みたら卵が二つ!親が三つ!」「テレビでやってしまったという…!」と、泣き顔のような表情でこだわりを語り、周囲からは笑い声が上がっていた。

この放送に視聴者のTwitterでは「笑いながら何故か涙が」「中居さん、優しさの塊じゃないか…」「不覚にも涙出た(笑」「深すぎて、笑ったあとに、しみじみ…」と、様々な反響が寄せられていた。

過去にも中居は自身のこだわりについて語っており、TBSの番組に出演する際の楽屋弁当はオリジン弁当だと明かし、「あの米が好きなの」と熱弁していたことがあった。

関連画像

関連記事