菅田将暉、最新シングル「さよならエレジー」MVがYouTube再生回数1千万回を突破

2018.3.4 22:00

菅田将暉、最新シングル「さよならエレジー」MVがYouTube再生回数1千万回を突破サムネイル画像

菅田将暉

日本テレビ系日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」主題歌、菅田将暉の「さよならエレジー」のミュージック・ビデオのYouTubeでの再生が早くも1千万回を突破した。

自身初のドラマ主題歌となる新曲「さよならエレジー」は、菅田将暉が抱いたイメージをもとに、以前から交友があったアーティスト石崎ひゅーいが作詞・作曲を担当。ドラマのために制作された楽曲で、孤独の中で見出す愛情のカタチにもがく様子を真っすぐにぶつけた、菅田らしい切ないロック・ナンバーに仕上がっている。

本ミュージック・ビデオには、注目の若手俳優山崎賢人が友情出演。以前から深い交友があった、二人の注目若手俳優によるコラボレーションが大きな話題となっており、Apple Musicの総合ランキングでも1位を獲得した。

菅田将暉は3月21日に待望のDebut Album『PLAY』をリリース。本作には、ストリーミング再生1,200万回を突破したデビューシングル「見たこともない景色」、菅田将暉初の作詞によるラブソング2ndシングル「呼吸」、話題の「さよならエレジー」といった全シングルナンバーを収録。また、秋田ひろむ(amazarashi)、石崎ひゅーい、柴田隆浩(忘れらんねえよ)、渡辺大知(黒猫チェルシー) など、菅田将暉が敬愛するアーティストたちが楽曲提供や楽曲共作で参加。更に、米津玄師+菅田将暉による大ヒットナンバー「灰色と青(+菅田将暉)」、映画『火花』主題歌「浅草キッド(菅田将暉×桐谷健太)」といった話題曲も収録され、様々なシーンで挑戦し続ける菅田将暉だからこそ表現できる作品となっている。

関連画像

関連記事

関連リンク