笑福亭鶴瓶 予約時の名前を間違われ「46年やっとんねん、こっちは」

2018.2.22 20:30
笑福亭鶴瓶 予約時の名前を間違われ「46年やっとんねん、こっちは」サムネイル画像
笑福亭鶴瓶

21日深夜に放送されたテレビ東京系「きらきらアフロTM」に出演した笑福亭鶴瓶が自身の名前に関するエピソードを明かした。

松嶋尚美の「どっち(の名前)で予約するの?自分で取るときは」という質問に、鶴瓶は「駿河やな」と自身の“駿河学”という本名で予約を取ると明かした。

鶴瓶は「“駿河学”でいったけど、JALでは入ってなかったんや」と話し、調べたところ“さるがまなぶ”という名前で予約されていたことがあったと話した。

さらに、「“笑福亭鶴瓶”も入ってないねん、全然」と話すと、「びっくりしたわ。“笑福瓶福瓶”(で予約が入っていた)」と振り返り、「おかしいでしょ。46年やっとんねん、こっちは」とコメントし、スタジオからは笑いが起こった。

そんな鶴瓶は以前、テレビ番組に出演した際、オーストラリアで日本人から、「蛭子(能収)さんですか?」と間違えられたと明かしていた。

関連画像

関連記事

web:172.30.1.100