徳光和夫、SMAPへの賞賛にファンから「ジーンときた」「嬉しくて涙」と反響。森且行とのエピソードも明かす

2018.2.13 18:10

徳光和夫、SMAPへの賞賛にファンから「ジーンときた」「嬉しくて涙」と反響。森且行とのエピソードも明かすサムネイル画像

12日に放送されたTBS系『歌のゴールデンヒット−青春のアイドル50年間−』の一場面にネットからの反響が集まっているようだ。

『歌のゴールデンヒット−青春のアイドル50年間−』は、時代を彩ったアイドルたちを当時の貴重な映像とともに年代別で振り返る番組。90年代のアイドルを紹介する場面にはSMAPも登場し、日本人史上初のコンサート通算観客総員数が1000万人を突破したことなどが紹介された。

これに番組ナレーションの徳光和夫が「もうこれは日本史上最高のアイドルと言えるでしょうね」「先日ね、森くんにオートレース場でお会いしました。アイドルのまんまでした」と、現在はオートレーサーとして活躍している森且行とのエピソードも明かしながら、SMAP6人で披露した『がんばりましょう』の映像を紹介した。

このエピソードにファンのSNSでは「6人のSMAPが見れて幸せ」「徳光さんの言葉に泣けた」「嬉しくて涙が出てくる」「徳光さんのコメントにジーンときた」など、様々な反響が寄せられていた。

徳光は昨年のテレビ番組で森と共演しており、その際に森は「お久しぶりです」と徳光らへ駆け寄り握手を交わした。そして、徳光から「充実してる?」と聞かれると、森は「そうですね。はい」などの会話を交わしていた。

関連画像

関連記事