セカオワ、Saori不在の新曲披露でファンから「いないと寂しい」「恋しい」の声

2018.2.9 21:10

セカオワ、Saori不在の新曲披露でファンから「いないと寂しい」「恋しい」の声サムネイル画像

SEKAI NO OWARI

8日にNHK総合で放送された『SONGS』に、SEKAI NO OWARIが出演した。

番組では、SEKAI NO OWARIが、平昌オリンピックのNHK放送テーマソングとして書き下ろしたという新曲『サザンカ』についてインタビューを行った。

この曲についてFukaseは、「僕にそんな誰かを応援するような言葉は歌えないんじゃないか」と、葛藤があり、母親に相談したところ「あなた自身は違うかもしれないけど、周りの人から見てる心配だったり頑張れって応援する気持ちは似てるものがあるんじゃないの」と、アドバイスをもらったといい、「あぁそうかと思って書きました」と創作秘話について明かし、Saoriも「選手に寄り添えたらいいなと」と楽曲への思いを語った。

この後、インタビューとは別に、新曲『サザンカ』を披露する模様が放送されたが、そこにSaoriが演奏する姿はなく、ファンからは「さおりちゃんのピアノが恋しい」「セカオワにSaoriちゃんがいない…」「やっぱりさおりちゃんいないと寂しい自分がいる」と反響が寄せられた。

Saoriは12月に第一子を出産した為の産休中。このことから出産前にインタビューが行われ、楽曲の収録時は出産後だったことがうかがえる。Saoriは自身のTwitterで「出産の前日に完成した「サザンカ」。思い出深い一曲です。」と、出産ギリギリに作り上げた楽曲だったとも明かしている。

そんなNew Single『サザンカ』は2月28日にリリース。先日公開されたMVには、神木隆之介とFukaseと兄弟役を務めることでも注目が集待っている。

関連画像

関連記事