織田信成 愛する息子が馬鹿にされないためにテレビで気をつけていることとは?

2018.2.5 21:00

織田信成 愛する息子が馬鹿にされないためにテレビで気をつけていることとは?サムネイル画像

E-TALENTBANK

3日に放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演した織田信成が子育てについて語った。

織田は現在、母校である関西大学のアイススケート部の監督を務めており、3人の息子を育児中だという。

7歳の長男と4歳の次男はすでにフィギュアスケートを始めていて、自身の息子たちの才能について織田は「プロ目線で見て、才能めっちゃありますね」と話すと、「やっぱ、華って大事じゃないですか。立った時の華やかさであったりだとか。うちの子持ってるんですよ」と絶賛した。

さらに、息子が1回転ジャンプを跳ぶと、織田は感極まってしまうそうで、「レッスンする度に、もうウルウルしちゃう」と息子たちへの愛情の深さを見せた。

また、子育てで気をつけていることについての質問に、織田は「1個すごい気をつけてることがあって」と前置きをして、「あんまりテレビで泣かないようにしてるんですよ」と明かした。

その理由について織田は「幼稚園とかでも『また織田くんのパパ泣いてるやーん』って言われるから、あんまり馬鹿にされんように、もう最近ちょっと涙の量は調整…」と息子たちが学校や幼稚園で友達からいじられないようにするためだと話した。

そんな織田は以前、テレビ番組に出演した際にフィギュアスケーターの村上佳菜子と前月の給与を明かし合い、村上よりも収入が多い様子を見せ、スタジオは大いに盛り上がった。

関連画像

関連記事