中居正広、アナウンサーらは自分を「バカにしてる」と追及

2018.2.2 7:00

中居正広、アナウンサーらは自分を「バカにしてる」と追及サムネイル画像

1月31日に放送された日本テレビ系『ナカイの窓』で、「日テレアナウンサーSP」と題した企画が行われた。

新人からベテランまで集まった日本テレビのアナウンサー陣に、中居正広は「基本的にさ、頭いいんだよね?」と、質問。

陣内智則が「そらそうよ、一流大学出てますよ皆さん」と相槌を打つと、中居は「すげえ大学出てんでしょ?僕いつも思うんですけど、ちょっとバカにしてるでしょ?」と、高学歴ではない人間を下にみていないかと言及。

これにスタジオのアナウンサーらは手を大きく振りながら「それはないです」と否定した。中居が「バカだとは言わないよね」と追及すると、郡司恭子アナウンサーが「フフッ」と笑い声を漏らした。

これに中居は「お前バカにしただろ!」と郡司アナを指差し、周囲の笑いを誘っていた。

高学歴の人物とのギャップ触れたのはピースの又吉直樹もいる。自身の小説が芥川賞を受賞したことで「頭がいいっていう誤解があるんですよ」「ハーバードの人とか東大の先生が一通り喋った後に『又吉さんどう思いますか?』って言われて、何もないじゃないですか」」と、高学歴のコメンテーターの後に話を求められて困ると話していたことがあった。

関連画像

関連記事