バカリズム、失恋した女芸人へかけた言葉に「正論」「ひどい」と賛否両論

2018.2.2 7:15

バカリズム、失恋した女芸人へかけた言葉に「正論」「ひどい」と賛否両論サムネイル画像

バカリズム

1月31日に放送されたフジテレビ系『良かれと思って!』にニッチェの近藤くみこが出演し、過去に経験した失恋について語る場面があった。

近藤は過去に出会った、会社経営の男性から「女性として素晴らしい、ぽっちゃりしている体型も好き」などと口説かれ、食事やデートを重ねるようになったという。しかし関係が進展しないため、近藤から告白をすると「えっ!?そうなの!?僕は友達だと思ってた」と言われ、失恋してしまったと明かした。

これに近藤が「あの人何なんですかね!?」と怒りを見せ、MAXのLINAが「思わせぶりな男の人結構多いよね」と共感すると、バカリズムは「でも何か盗まれたわけでもないし」となだめるようなコメント。

続けてバカリズムは「付き合って、実は他にも相手がいましたとかだったらそれは悪いけど」と、傷つけられる前に離れたから良いのではと話した。

近藤が「その人に割いた時間がもったいなくないですか」と返すと、バカリズムは「そういう考え方がそもそも良くないんだと思う、お互い割いてるわけだから」と、近藤のコメントを制した。

そして、バカリズムは”割いた時間がもったいない”という考えは「別れた途端に今まで貢いだもの返せっていうような男と全く同じ発想」と、持論を展開。

二人の言い合いに劇団ひとりは「めちゃくちゃ怒られてるじゃん」とツッコミを入れ、周囲の笑いを誘っていた。

このエピソードにTwitterでは感想が二分。「バカリズム正論」「気持ちはわかるけどバカリズムの言ってる事はその通りだと思った」「バカリの理屈わかるわ〜」と、バカリズムの意見を肯定する声と、「近藤さん悪くないじゃん」「今のバカリの言葉はしんどいわ」「バカリさんひどいなぁ」など、言い過ぎではと心配する声も上がっていた。

バカリズムの持論にネットの反響があったのは過去にもある。星野源がパーソナリティを務めるラジオに代打として出演した際は「星野源は好きですよ、友達だから。アーティストとしても尊敬しますし、曲も好きですよ。ただ星野源ファンのことは好きじゃないから」とコメント。これにネットからは「星野源ファンに媚を売らないバカリズムw好きですw」などの感想が寄せられていた。

関連画像

関連記事