Sexy Zone・中島健人 学生時代「周りに人がいなくなった」話を明かす ネットでは「濃ゆすぎる」「腹抱えて笑ってた」

2018.2.1 17:20

Sexy Zone・中島健人 学生時代「周りに人がいなくなった」話を明かす ネットでは「濃ゆすぎる」「腹抱えて笑ってた」サムネイル画像

1月31日に放送された日本テレビ系「徳井と後藤と芳しの指原が今夜くらべてみました」に出演したSexy Zoneの中島健人が自身の学生時代を振り返った。

中島は小学生時代にカッコつけたことによって友達から距離を置かれたという人生の“谷”を経験したそうだ。

中島は「アニメのキャラに憧れちゃって、1学期ごとにそのアニメのキャラになりきってたので、性格が安定してなかった」と自身の学生時代を行動を明かし、共演者を驚かせた。そして、それを繰り返した結果「いつの間にか周りに人がいなくなった」というエピソードも披露した。

番組MCの徳井義実が「歴代のどのアニメなの?」と質問すると、中島は「『幽遊白書』の飛影だったり、『烈火の炎』の烈火だったり、『ドラゴンボールZ』のベジータだったり、『遊戯王』の海馬だったり」と答え、「というのを色々繰り返してたら、いつの間にか周りに人がいなくなってた」と明かした。

中島の意外な学生時代にTwitterでは「健人くんがなりきってたキャラが濃ゆすぎるしこのキャラのお陰で今の中島健人くんがいるんですね感謝しかないです」「なりきってたアニメキャラのふり幅が大きすぎて、そりゃ性格安定しないわと思うと同時に重度のアニメオタクが誰しも通る道だよなと思って親近感が沸きました」「なかなかに厨二乙な過去もってるからすき。わたしもケンティーガールになる!!」「愛おしさで爆発しそう」「中島健人が海馬社長になりきってた話を聞いて、腹抱えて笑ってた」など、様々なコメントが投稿されており、反響を呼んでいる。

そんな中島は先月より人気番組日本テレビ系「ぐるナイ」の人気企画「グルメチキンレース ゴチになります!」に新メンバーとして選ばれており、先輩であるTOKIOの国分太一から「本当にゴチはガチだからビックリしないでね」とアドバイスを受けたと、以前出演したテレビ番組で話していた。

関連画像

関連記事