菅田将暉の父、息子出演CMに家族の過去を重ねる「良く子供達に聞かれた」

2018.2.1 12:30

菅田将暉の父、息子出演CMに家族の過去を重ねる「良く子供達に聞かれた」サムネイル画像

菅田将暉

コンサルタントとして活躍する菅生新(すごう あらた)氏が、1月31日に自身のブログを更新し、息子である菅田将暉が出演するCMについて綴った。

『学んだことは奪われない!』と題したブログには、auのCMで菅田演じる、鬼ちゃんが出演の「鬼の親子編」のCM内容について投稿。

「これスゴー家のことですよね!?偶然ですか?仕込みました?と、多くの本を読んだ友人から(連絡があった)」と明かした菅生氏は、家計を心配して進学をしない、という息子の赤鬼を、鬼ちゃんが鼓舞するという物語に、菅生氏は「父鬼ちゃんが息子に言う『学んだことは誰にも奪われないから』(原文ママ)」という部分が、菅生家の教育論にも通じるところがあると綴った。

また、CM内で赤鬼の進学のために「もう一個、副業増やすか!」と意気込む鬼ちゃんに「お父さん、本業なに?」と赤鬼が突っ込む場面についても、自身がコンサルタントとして様々な業種の会社に行き、商品を扱ったり、会を開催したり、TV・ラジオ番組に出演し、その現場に息子達を連れて行っていたため、「そのまんまハマった 良く子供達に聞かれたっけ?!(原文ママ)」と、菅生氏も同じことを子ども達に聞かれたといい、文末には菅田ら兄弟との写真を載せながら過去を思い返している様だった。

菅田も過去の番組で、自身の父親について語っている。番組等で使う、自身の幼少期の写真を送って欲しいと頼むと、父親が自分の若い頃の写真も送ってくるといい「これはね、毎回なんですよ。うちの事務所も慣れたもんで『またお父さん入ってるよ〜』って」と、事務所も対応に慣れてしまうほど送ってくるのだと明かしていたことがあった。

関連画像

関連記事

関連リンク