西川貴教 1st Single、作詞・UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也、作曲編曲・神前暁 (MONACA)、西川貴教のコメントを公開

2018.1.27 18:00

西川貴教 1st Single、作詞・UNISON SQUARE GARDEN 田淵智也、作曲編曲・神前暁 (MONACA)、西川貴教のコメントを公開サムネイル画像

©TYPE-MOON/Marvelous, Aniplex, Notes, SHAFT

1月28日から先行配信される「西川貴教」名義初のシングル「Bright Burning Shout」。配信に先がけて、作詞を担当したUNISON SQUARE GARDENの田淵智也、作曲・編曲を担当した神前 暁 (MONACA)、そして西川貴教のコメントが公開された。

TVアニメ『Fate/EXTRA Last Encore』オープニング・テーマとして制作された本楽曲は、本日24:00から先行配信、3月7日にCDシングルとしてリリースされる。

また、本楽曲の歌詞が1月28日0:30より『Fate/EXTRA Last Encore』のオフィシャルサイトにて公開予定だ。

【西川貴教コメント】

初めまして。この度、『Fate/EXTRA Last Encore』主題歌「Bright Burning Shout」で1st Singleをリリースさせていただくことになりました、新人の西川貴教です。

いろいろと申し上げたいことはあるのですが、先ず『Fate/EXTRA Last Encore』の主題歌にとお声がけくださった関係者のみなさんをはじめ、原作の奈須きのこ先生に厚く御礼申し上げます。

この「Bright Burning Shout」は『Fate/EXTRA Last Encore』の持つ世界観を限りなく忠実に注ぎ込む為に、作編曲を今作品の音楽を担当されるMONACAの神前さんに、また、作詞をUNISON SQUARE GARDENの田淵くんにお願いしました。

僕にとって新たな挑戦の詰まった楽曲になっています。

【田淵智也 コメント】

まず作品の世界観がしっかり作りこまれているので、作品に寄り添えるものを目指し言葉選びを考えていきました。

しかし音楽としての言葉というのは難しいもので、寄り添いすぎると陳腐に見えてしまう可能性があります。

ところがそこは西川さんのボーカル力を信頼して多少強めの言葉も勇気を持って選んでいく、という手法をとりました。ボーカルに圧倒的な説得力があれば言葉によるデメリットはほぼ皆無になるのです。

おかげで音楽にも作品にも寄り添える力強い歌詞が書けたと思っております。

一作詞家としてもとても貴重な経験になりました。

是非作品と共に「Bright Burning Shout」を愛していただけたらと思います。

【神前暁 コメント】

「Bright Burning Shout」で作編曲を担当させて頂きました、MONACAの神前 暁です。

西川貴教さんという名実ともに日本を代表するアーティストと大人気コンテンツである『Fate』シリーズ最新作のコラボレーションに参加することができて、とても光栄に思います。

この曲は『Fate/EXTRA Last Encore』の持つ作品世界とアーティストの橋渡しとなるような存在を目指して制作しました。

レコーディングで西川さんが歌われたときに「曲に魂が入る瞬間」を目の当たりにした感動・熱さを、リスナーの皆様にも感じて貰えると嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

関連画像

関連記事