Sound Horizon、『ジョジョの奇妙な冒険』OPを手掛けた神風動画とタッグを組み、初の全編アニメーションMVを制作

2014.8.6 19:22

Sound Horizon、『ジョジョの奇妙な冒険』OPを手掛けた神風動画とタッグを組み、初の全編アニメーションMVを制作サムネイル画像

「進撃の巨人」のOP主題歌で一躍脚光を浴びたRevoのオリジナルプロジェクトSound Horizonが、ニューシングル『ヴァニシング・スターライト』(2014年10月1日発売)で大人気テレビアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」のオープニングを手掛けたアニメ制作会社神風動画とタッグを組み、初の全編アニメーションでリード曲「よだかの星」の世界を描く。

10年という月日をかけて、「物語音楽」というジャンルを創り上げてきたRevoが放つ新作は、これまでのSound Horizonでは描くことのなかった”現代日本”が舞台。パラレルワールドに存在する新生バンド「VANISHING STARLIGHT」のメジャーデビューを描く。リード曲「よだかの星」は、宮澤賢治著書「よだかの星」にインスパイアされて描いた、熱く燃えるような歌詞と疾走感溢れるロックサウンドが印象的な楽曲。カップリングには2006年にSound Horizonのライブで初披露されて以来、ライブでしか聴くことのできなかった『Mother』が、新生バンド「VANISHING STARLIGHT」のカバーバージョンで遂に音源化。そして3曲目にはSound Horizonらしさがギッシリ詰まった新曲が収録される。

14年10月27日にメジャーデビュー10周年を迎えるSound Horizon。10周年記念となる予約限定デラックス盤には、特典Blu-rayとしてリード曲『よだかの星』のアニメMusic Video、収録曲3曲のハイレゾ音源とボーナストラックとして初音源化される楽曲『栄光の移動王国 -The Glory Kingdom-』がファン1,500人の斉唱で収録。また、「特典ブック『よだかの星』Memorial Issue」には、VANISHING STARLIGHTとプロデューサーRevoの対談、アニメMusic Videoのフィルムコミックやイメージボード、神風動画の代表水崎氏及びMusic Video監督吉邊氏とRevoの鼎談等の読み物に加え、リード曲『よだかの星』バンドスコアも特別付録として収録される盛りだくさんの内容が詰まった1冊。更には、前述のボーナストラック『栄光の移動王国-The Glory Kingdom-』の合唱譜も一緒に同梱され、まさに完全保存版ともいえる豪華な内容となっている。予約限定デラックス盤は、2014年8月24日までに予約受付を完了させなければならないとのこと、確実に手に入れる為にも、ぜひ早めの予約をしたい。

 
【Revoコメント】
メジャーデビュー10周年という節目で挑んだ新たな表現。それが「神風動画」さんとのコラボによる初アニメMVという形で結実しました。楽曲が持つ“熱さ”と“疾走感”を加速させる素晴らしい映像に仕上がっています!昔から宮沢賢治の童話が好きだったのですが、中でもこの「よだかの星」は特に印象的な物語として僕の中に残っていました。昨年TVアニメ『進撃の巨人』のOP主題歌を担当した際、荒木監督との打ち合わせの中でその「よだかの星」というキーワードが出た時に気づいたんですよね。生き方の姿勢が「主人公エレン」と「よだか」は似ているし、それは「Revo」だってそうかも?と。でも、きっとそれは僕だけじゃない。皆さんの心の中にも「よだか」はいるはずです。何かに躓き挫けそうな時、この作品を通して自分の中の焔をもう一度思い出してもらえたら嬉しいです。生きてるなら燃えてやれッ!!!

関連画像