DIR EN GREY、11月から早くも新ツアー開始。アルバム発売日&タイトルも判明

2014.8.6 19:20

DIR EN GREY、11月から早くも新ツアー開始。アルバム発売日&タイトルも判明サムネイル画像

昨日8月5日よりライブツアー「TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」をスタートさせたばかりのDIR EN GREYが、「TOUR14-15 BY THE GRACE OF GOD」と題した新規ツアーを開催することを発表した。

早くも決定したこのツアーは、11月17、18日の神奈川・CLUB CITTA’でのオフィシャルファンクラブ「a knot」限定ライブを皮切りに、年明け1月11日まで全18公演を予定。「BY THE GRACE OF GOD(神の恩寵によって)」というツアータイトルに込められた意味は? そしてどのような内容になるのか?など、早くも期待が高まるばかりだ。本日8月6日からは「a knot」会員を対象としたチケット先行予約がスタートしたほか、9月10日からはDIR EN GREY ONLINE先行予約も受け付けるので、ここで確実に手に入れておこう。

また、待ちに待ったニューアルバムの詳細も一部明らかにされた。当初11月発売と告知されていた新作は、12月10日にリリースされることが正式決定。さらにアルバムタイトルが『ARCHE』(アルケー)に決まったこともあわせて発表された。ギリシア語で「根源」を意味するタイトルが名付けられたこの通算9枚目のアルバムについて、京(Vo)は「今回これからの自分の歌い手としての<未来と過去>を今まで以上に考えて制作しています」とコメント。薫(G)も「今回は自分の中でぐちゃぐちゃになってる。自分というのを一先ず横に置いといて制作してたけど、もの凄く自分ぽかったり…何なんやろこのアルバム。まだ完成してないものを大袈裟に言いうのもちょっとな…って感じやけど。渾身の一撃『ARCHE』までもう少しだけ待っていてください」と、完成に近付いた新作について力強い言葉を寄せている。

「どんなに言葉で説明しようとしても、今この<音>を説明することは俺には出来ないと思う。でも、だからこそ皆に聴いて欲しい<音>が時間をかけながら、もうすぐ生まれようとしています」というToshiya(B)の言葉からもわかるように、まだその全貌が明らかになるまでには時間がかかりそうそうだが、かつてないような作品が生まれようとしていることは間違いなさそうだ。まずは現在敢行中のツアー「TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」を楽しみつつ、来たるニューアルバム『ARCHE』の到着を待とう。

なお昨日初日を迎えたライブツアー「TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE”?-」では、メジャー1stアルバム「GAUZE」の収録曲を全曲披露。「Cage」や「予感」「ゆらめき」など懐かしい楽曲が次々に演奏されると、客席からは悲鳴にも似た歓声が湧いた。初期の楽曲の合間には「輪郭」「SUSTAIN THE UNTRUTH」といった最近の楽曲や未発表の新曲も織り込まれ、単なる懐古的なセットリストでは終わらない、現在進行形のDIR EN GREYをが提示された。バンドの原点と最新スタイルを同時に楽しめるこのツアーは従来のファンのみならず、近年の彼らしか知らない人にもぜひ体験してもらいたい。
写真:尾形隆夫

関連画像