中国とのハーフモデル・岡田紗佳 好物は「鳩」と明かし、共演者もびっくり

2018.1.22 21:00

中国とのハーフモデル・岡田紗佳 好物は「鳩」と明かし、共演者もびっくりサムネイル画像

岡田紗佳

20日に放送されたテレビ東京系「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」に出演した岡田紗佳が自身の好物を明かし、共演者を驚かせた。

6歳から6年ほど中国で暮らしていたという岡田と中国と日本の食文化の違いについてトークを展開していると、番組MCの博多華丸・大吉の博多大吉が「何がうまい?中華料理で1番好きなのは」と質問した。

これに岡田は「私は鳩が好きです」と即答し、共演者は驚いた表情を浮かべ、TOKIO・松岡昌宏は「アグネス・チャン以来だね。そんなこと言うの」とコメントした。

続けて岡田は「鳩の丸揚げっていうか、揚げてるやつ。外は皮がパリッとしてるやつ」と説明した。大吉は「え、あれ食用で食うんですか?あの、僕らが見てる…」と不思議そうな顔をしたが、岡田は「食べます。食べます」と話し、「じいちゃんが日本に来た時に、『日本って鳩食べ放題なのか!』って言ってましたもん、公園で」と明かし、中国と日本の文化の違いを語った。

さらに、岡田は「しかも日本の鳩って太ってるじゃないですか。美味しそうなんですよね」とコメントしていた。

そんな岡田は以前、テレビ番組に出演した際、大好きなアニメ『ラブライブ!』の楽曲を流すと、ワイプ越しに「泣けてくるこのBGM、BGMがズルすぎて」とだんだん涙声になり、「解散しちゃったんですよ」と涙を流した。これにネットでは「なにこの子、好感度上がる」などの好意的な意見が寄せられていた。

関連画像

関連記事