京都インディーシーン、最注目新人バンド“ベランダ” 初の全国流通盤をリリース

2018.1.22 22:00

京都インディーシーン、最注目新人バンド“ベランダ” 初の全国流通盤をリリースサムネイル画像

ベランダ

ベランダは、京都を拠点に活動をしている、男女混声オルタナティブ・ポップバンド。

簡潔でありながら情景がありありと浮かぶ粋な言葉選びと、どこかフォーキーで親しみやすい秀逸なメロディラインは、音楽マニアを唸らせ、ライトな音楽ファンをも一聴して惹きつける魅力を持っている。

時にメロウに、時に荒ぶる絶妙なバンドアンサンブルは、初期のくるりを彷彿とさせるセンスとエネルギーに満ちている。昨年1月に会場限定盤をリリースし、会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず、約900枚を販売し、着実にファンを増やしている。

また、今回、リリースが発表されたアルバムは、いずれも未収録の新曲8曲を収録。Vo/Gt髙島がボーカルをとっている楽曲に加え、Ba中野がメインボーカルを務めている曲も収録とのこと。曲それぞれの個性が際立つ作品になっている。

来月にはBAYCAMP201802など、大きなイベントへの出演を控えており、会場に行く方はチェックしよう。

関連画像

関連記事

関連リンク