ジャニーズWEST・藤井流星の“生放送トイレ事件”に、伊野尾慧「オムツはいた方がいい」

2018.1.22 20:00

ジャニーズWEST・藤井流星の“生放送トイレ事件”に、伊野尾慧「オムツはいた方がいい」サムネイル画像

20日に放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に出演したジャニーズWESTの藤井流星が自身の天然エピソードを明かした。

番組では同メンバーから聞いた藤井の天然伝説を紹介した。まず1つ目に『水を飲んでる時に喋り出し、服がびしゃびしゃに』というものが挙げられた。

これについて藤井は「取材中なんですけど、『喉乾いたな』と思って普通に水飲んでて、メンバーがなんかこう喋りかけてきて、それに答えたくて喋ったんですよ」と話し、口に含んだ水が出てしまい服が濡れてしまったと振り返った。

さらに、『番組中、トイレが我慢できずエンディングから消える!?』というエピソードが紹介されると、藤井は「生放送の番組やったんですけれども」と前置きをして、「生放送なのでその前にトイレは行ったんです。行ったんですけど、20分後くらいに『あ、やばい』ってなってきて」と振り返り、歌い終わった後、メンバーが急いでスタジオ移動している中、トイレに行ったことで番組のエンディング参加できなかったと明かした。

このエピソードに事務所の先輩である伊野尾慧は「普通ないっすよ。オムツはいた方がいい」とコメントした。

ジャニーズアイドルには他にも天然エピソードがあり、以前KinKi Kidsがテレビに出演した際、TOKIO・長瀬智也が間違えてドッグフード食べていたと明かし、その時の様子を真似していた。

関連画像

関連記事