綾瀬はるか「父の車にひかれた」過去明かし、加藤浩次も驚き

2018.1.19 20:50

綾瀬はるか「父の車にひかれた」過去明かし、加藤浩次も驚きサムネイル画像

19日に放送された日本テレビ系『スッキリ』に、女優の綾瀬はるかがVTR出演した。

VTR内で綾瀬は、幼い頃のエピソードとして、父親が仕事に行く見送りをした際に「父の車にひかれたことがある」と話し始めた。

続けて「轢かれたというとオーバーな言い方なので、ちょっと違うかもしれないですけど」と前置きながら「子どもの頃だったんで、車の距離がたぶん掴めてなくて」と、車の近くで見送りのために手を振っていたところ「足先をゆっくり通って行った」と、車のタイヤが綾瀬の足先を踏んでいたと話すと、スタジオの出演者らは爆笑。

綾瀬も「でも全然痛くなかったの、かゆいぐらいの」「なんでだろう?」と話したところ、スタジオの本上まなみと水卜麻美アナウンサーも足先を車のタイヤに踏まれたことがあると明かし、二人も綾瀬と同じく無事だったことから、加藤浩次は「結構あるあるなんだね〜!?」と驚きの表情を見せていた。

綾瀬は2月10日に公開の映画『今夜、ロマンス劇場で』に出演。映画監督を目指す青年(坂口健太郎)の前に、映画から飛び出したお姫様(綾瀬はるか)が現れるというロマンティックなラブストーリーとなっている。

関連画像

関連記事