CRAZY VODKA TONIC、初の全国流通盤のアートワークと収録曲を発表!

2018.1.19 19:00

CRAZY VODKA TONIC、初の全国流通盤のアートワークと収録曲を発表!サムネイル画像

CRAZY VODKA TONIC

広島県福山市発のロックバンドCRAZY VODKA TONIC(通称:CVT)が、3/14リリースとなる初の全国流通ミニアルバム『書を灯す』のジャケットビジュアルと、一新されたアーティストビジュアルを発表した。

ジャケットは同郷のイラストレーターであるナミマナオ氏によって手掛けられている。

更に、ミニアルバムの収録曲も発表。1年をかけて書き下ろした選りすぐりの新曲4曲に加え、ライブ会場限定盤からは、代表曲の1つである『盲目のピアニスト』、初期衝動感が詰まった『雨のあとに』『ラブソング』を再アレンジ・レコーディング。CRAZY VODKA TONICの歴史が詰まったミニアルバムとなっている。

また、2/25には新宿SAMURAIにて空想委員会との2マン、3月には見放題東京、HAPPY JACK、ハルバン、TENJIN ONTAQなど全国のサーキットフェスにも続々と出演が決定し、注目を集めている。

関連画像

関連記事