とろサーモン・久保田かずのぶのネガティブ持論に「説得力すごいな」の声

2018.1.15 20:30

とろサーモン・久保田かずのぶのネガティブ持論に「説得力すごいな」の声サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

13日に放送されたテレビ朝日系「俺の持論」に出演したとろサーモン・久保田かずのぶがネットで反響を呼んでいる。

去年のM−1チャンピオンである久保田は「負け組から上がって今じゃトップキング、1番になりました。わかりますよね。これがどれくらい凄いことか」と話し、「そんな僕だからこそ伝えたいことがあります」と“久保田流3つのネガティブシンキング”という持論をプレゼンした。

久保田は「前向きに生きたいけど生きれない、これが実際でしょ?じゃあ、ネガティブのまま楽に生活したらいいじゃないかっていうことをお教えします」と話した。

久保田は「世の中の人間は、ほとんど詐欺師だからとりあえず信じてみる」「綺麗なものこそ汚いと思え」「お金は貯まらないから使え」という3つの持論を展開。

久保田は「ポジティブの上げ方としてネガティブを最大限に利用して、落として落として落ちた上で上げていくポジティブの方が未来があるってことです」と持論を展開し、最後には「人生は結局プラスマイナスゼロでみんなが終わるから、何も考えずにマイナスだったらマイナスでプラスにする作業をしたらいいし、いいことがあればある時ほど自分に『やばい。なんか起こるかもな。マイナスが待ってるんだぞ』ということを考えながら生きていく方がいいんじゃないかなと思うんです」と語った。

これにTwitterでは「わたしはもう、とろサーモンの久保田かずのぶ信者だ」「ネガティブ思考法って、とてもいい」「久保田の神番組やった!! 」「久保田さんの人間力最高」「更に久保田さん好きになりました」「久保田さんの説得力すごいな。苦労してきた分だけ人間としての厚みがある」など絶賛のコメントが相次いでいた。

とろサーモンが優勝した『M-1グランプリ2017』は話題となったが、決勝戦に出場したマヂカルラブリーが以前テレビ番組に出演した際、審査員の上沼恵美子に叱責されたエピソードを話していた。

関連画像

関連記事