吉岡里帆、アルバイト掛け持ちの過去明かす 「常に4つくらい…」

2018.1.15 20:50

吉岡里帆、アルバイト掛け持ちの過去明かす 「常に4つくらい…」サムネイル画像

吉岡里帆/(c)E-TALENTBANK

13日に放送されたTBS系「王様のブランチ」に出演した吉岡里帆がアルバイトのエピソードを明かした。

吉岡は「(アルバイトを)高1からずっとやってて、常に4つくらい掛け持ちしてやる」と振り返り、歯科助手やカフェ店員、書道審査補佐、美術品搬入、居酒屋店員など様々な職種を経験していると明かした。

吉岡は「とにかく何か情報を入れながら、頭と体を使いながら生活してたいなと思ってる派です」と自身のスタイルを語った。

そんな吉岡の芸能界入りのきっかけは映画のエキストラ出演だとして、エキストラ仲間との写真を紹介した。吉岡は「この方は田中さんっておっしゃるんですけど、田中さんは私がエキストラとして出た時に一緒にエキストラしてたおじさんで、今でも仲が良いです」と話し、共演していた向井理は驚いた様子を見せた。

吉岡は続けて「一緒に新喜劇見に行ったりもしたことあります」と話し、年の差を超えた交友関係を明かした。

吉岡は16日からスタートするTBS系『きみが心に棲みついた』で連続ドラマ初主演を果たしており、2人の男性の間で揺れ動く主人公を演じている。

関連画像

関連記事