GACKT、格付けでの心中明かし、YOSHIKIに対して「悔しいけど、カッコいいかも…」

2018.1.4 18:00

GACKT、格付けでの心中明かし、YOSHIKIに対して「悔しいけど、カッコいいかも…」サムネイル画像

GACKT

GACKTが、2日、ブログを更新。1日に放送されて話題を呼んだABC朝日放送系「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018お正月スペシャル」での心中を明かした。

GACKTは新年の挨拶と共に「今年もYOSHIKIの大きな助力により、一流芸能人の地位を守ることができました。」と、同番組での地位を守ることが出来たことを改めて報告した。

また、今回タッグを組んだX JAPANのYOSHIKIについて「YOSHIKIが冒頭での一言、『(間違えて落ちても)それはそれでいいかも…』ボクは心の中で全力で突っ込んでいたGACKTです。『オ”〜〜〜〜イッ!!真剣にやれぇぇぇ!!』」と内心発言に突っ込んでいたこと明かした。

さらに、終始心臓がバクバクしていたと語ったGACKTだが「YOSHIKIの余裕で正解を出す姿を見て、『悔しいけど、カッコいいかも…』と茶菓子好きな兄を尊敬し直したわけです」と、YOSHIKIに対して改めて尊敬の念が湧いたことも記していた。

GACKTは先日、本名「大城ガクト」として仮想通貨プロジェクト「SPINDLE」に参加したことを明かし、話題になったばかり。本名で事業に参画したことの理由として「事業としてキッチリ最後まで責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、なによりも、世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思ったからだ。」とブログで綴っていた。

関連画像

関連記事

関連リンク