ソン・シギョン 初の日本ツアー、盛況のままフィナーレ

2017.12.29 11:00

ソン・シギョン 初の日本ツアー、盛況のままフィナーレサムネイル画像

ソン・シギョン

韓国のバラードの皇帝の異名を持つソン・シギョンが、日本で初のアルバム『DRAMA』を12月20日(水)にリリース。日本デビューを実現した。

12月21日(木)からは東京都府中の森芸術劇場より『SUNG SI KYUNG JAPAN LIVE TOUR 2017“DRAMA”』がスタート。愛知、福岡と開催し、12月28日(木)NHK大阪ホールの公演でファイナルを迎えた同ツアーでは、ソン・シギョンの堪能な日本語とトークの面白さ、そしてなにより並外れた歌唱力と表現力を知らしめた。

ライブではオリジナル曲はもちろん、「どこかで、いつか」、「やさしくさよなら」などの人気韓国ドラマOSTや、日本のカバー曲「Everything」、「ずっと一緒さ」、「プライマル」など、バラエティに富んだ内容でファンを魅了。

林部智史氏との共作「夢月夜」では、東京公演のみ林部智史氏本人も登場し、トークも繰り広げられた。そして、「10年以上も待っててくれた日本のファンにどうしても届けたかった。」という、アルバムのタイトル曲『Life is …』。そんな彼に会場では「ありがとう!」と何度も叫ぶファンや涙を見せるファンも多くいた。

3時間半という時間を全く感じさせなかった、ソン・シギョン初の日本ツアー『SUNG SI KYUNG JAPAN LIVE TOUR 2017“DRAMA”』は、まもなく明ける新しい年の幕開けと共に、更なる日本での活躍を期待させるものであっただろう。

関連画像

関連記事