市川染五郎、妹・松たか子のデビュー裏話を明かす「『やめろ』って言ってたと…」

2017.12.24 19:00

市川染五郎、妹・松たか子のデビュー裏話を明かす「『やめろ』って言ってたと…」サムネイル画像

松たか子

23日に放送された日本テレビ系「メレンゲの気持ち」に、市川染五郎が出演。妹である松たか子のデビューにまつわる裏話を明かす場面があった。

番組では、松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎の三代バラエティーでの初共演が実現。幸四郎の娘であり、染五郎の妹である松たか子から、兄・染五郎との記憶に残っているエピソードとして「私がデビューすることになった時『なんでわざわざ(同じ仕事を選んだの)?』と言われたこと」というコメントが寄せられた。

これに対して、染五郎は、松のデビューを「新聞で知ったんですよね」と語り、本人の口からは事前に知らされていなかったと明かした。そして「多分、言われてたら『やめろ』って言ってたと思うってことは話したと思うんですけど」と、後に松に話したとし、その理由としては「単純に、色んな世界があるんじゃないとは思って」と、芸能の仕事を選んだ妹に疑問を持ったと語った。

そして、このコメントに、幸四郎からは「自分の領域を荒らされるから」と、妹に自分のテリトリーを侵略されるのを嫌ったのではないかと突っ込みが入り、スタジオを笑わせていた。

2018年1月には、松本幸四郎が二代目松本白鸚を、市川染五郎が十代目松本幸四郎を、そして染五郎の息子の金太郎が八代目市川染五郎を同時襲名することが発表されている。

関連画像

関連記事