エレカシ・宮本、生放送で起こったまさかのハプニングを振り返り「楽しい時間でした」

2017.12.22 21:10

エレカシ・宮本、生放送で起こったまさかのハプニングを振り返り「楽しい時間でした」サムネイル画像

エレファントカシマシ

22日に放送された日本テレビ系『スッキリ』にエレファントカシマシの宮本浩次がVTR出演した。

番組では『2017年スッタメまるっと振り返りSP』のコーナーで、エレファントカシマシが2月に生出演した際のことを振り返る場面があった。

2月の出演でエレファントカシマシは『今宵の月のように』を生披露。演奏が始まってすぐ、歌いだしに違和感を感じた様子の宮本が「もう一回やったらダメですか」「失礼しました!」と演奏を中断。

謝る宮本にMCの加藤浩次も「こんなことってないですよ!」「こんな貴重なものを見れてありがとうございます」と破顔した。

この当時のことをVTR出演した宮本に聞くと「歌おうってなった時に、音痴になっちゃった感じがして」と歌い出しの音を外してしまったのだと明かした。

続けて「加藤さんぱっと出てきて、ハプニング後の臨場感、全部経験させていただいたというか」「楽しい時間でしたね、今思うとですけど!」と当時を振り返り、番組ナレーションは「ぜひまたスタジオにお越しください」とエレファントカシマシにメッセージを送った。

この放送にTwitterでは「朝から笑わせて貰いました」「宮本先生可愛すぎだな・・・」「これでエレカシ好きになったんだよな」と様々な感想が寄せられた。

エレファントカシマシは今年デビュー30周年のアニバーサリーイヤーに突入。47都道府県ツアーの開催や、第68回NHK紅白歌合戦に初出場するなど、活躍を見せている。

関連画像

関連記事