米津玄師、YouTube 2017国内年間ランキング音楽部門1位を獲得

2017.12.17 21:00

米津玄師、YouTube 2017国内年間ランキング音楽部門1位を獲得サムネイル画像

米津玄師

12月17日(日)に東京ビックサイトで開催されたYouTube FanFestにて、”YouTube Rewind 国内トップトレンド音楽動画 2017”が発表された。国内トップトレンド動画とは、動画で1年間を振り返るYouTube Rewind企画として発表されたもので、2017年中にYouTubeに掲載された動画の中から、再生、共有、コメント、評価、派生動画の数など、様々な数値を元に選出されたもの。

この音楽部門で、米津玄師はTOP10内に3曲ランクインという快挙を達成した。さらにこのランキング1位を DAOKO × 米津玄師『打上花火』で獲得。

元々映像作品についても大きな支持を得ている米津玄師だが、今回の発表は、自身の2017年発表の作品がそれぞれ1曲ずつ幅広いユーザーに音楽動画としても評価を得て、現在のヒットを証明している1つの結果となっている。

今回のランクイン楽曲、そのセルフカバー含めて全て収録されている最新アルバム「BOOTLEG」は2016年に発表したMV「LOSER」など人気楽曲も収録しており、その収録MVのYouTube総再生回数は12月17日現在2億7,000万以上の再生回数を誇り、現在も数字は大きく広がり続けている。

アルバム「BOOTLEG」もフィジカルが出荷30万を突破し、その数字は伸び続けており、またデジタルではiTunes週間ランキングで初登場1位から6週連続TOP3内にランクインしているなど、更なる広がりを見せ続けている。

2018年には初のドラマ主題歌を担当することがすでに発表されている米津玄師。さらなる飛躍を見せてくれそうだ。

YouTube Rewind 国内トップトレンド音楽動画 2017

1位 DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO
3位 米津玄師MV「ピースサイン」 Kenshi Yonezu / Peace Sign
7位 米津玄師MV「orion」

米津玄師コメント

「ありがとうございます。これからも良い曲を作れるように頑張りたいと思います。」

関連画像

関連記事