有吉弘行とマツコ・デラックスが名作文学に対して持論展開「内容はゼロ」「トラウマになるくらい」

2017.12.14 20:10

有吉弘行とマツコ・デラックスが名作文学に対して持論展開「内容はゼロ」「トラウマになるくらい」サムネイル画像

マツコ・デラックス

13日に放送されたテレビ朝日系「マツコ&有吉 かりそめ天国」に出演したマツコ・デラックスが文学作品に対し持論を展開した。

番組に寄せられた“文学作品の名作を読んでなく恥ずかしいのだが、本当にみんな読んでいるのか?”というメールに有吉弘行は「わかるね」と共感し、「読んどかなきゃいけないんだなと思ってなんとなく読んだけど、内容はゼロよ」と読むという行為が先行し、内容は覚えてないと話した。

さらにマツコは「言葉遣いがあまりにも違うから、感情移入があんまりできないよね。昔の作品って」と話し、「『これが礎だったんですね、日本の文学の』っていう感じで読むしかないよ、もう」と持論を展開した。

また、有名だけど読んだことのない名作について話題が移ると、有吉は「『ノルウェイの森』俺読んでないな」と明かし、マツコも「緑と赤の表紙、もうトラウマになるくらい焼き付いてるよね」と有吉に同意を求めた。

同番組では以前、「本物の銀座の超高級クラブで豪遊したらいくら払うことになる?」という疑問を検証し、驚きの金額が公開されたことでネットでも反響を呼んでいた。

関連画像

関連記事