トレンディ俳優・野村宏伸、最高月収6000万から一転のアルバイト生活を告白

2017.12.12 20:00

トレンディ俳優・野村宏伸、最高月収6000万から一転のアルバイト生活を告白サムネイル画像

11日に放送されたTBS系『名医のTHE太鼓判!』に俳優の野村宏伸が出演した。

番組内では野村の活躍ぶりとして、80年代にドラマ等で人気となり、最高月収は6000万を超えるというスター俳優だったと紹介。しかし一時期から野村の姿を見ることは少なくなっていった。

当時を野村は「いきがってたじゃないけど」「(やりたいと)思うものじゃないとお断りしてたっていうか」と、仕事の依頼を選り好みしすぎたと振り返った。

そして俳優としての仕事は激減。人気俳優だったにもかかわらず「アルバイト先とか、友達のつてを借りて色々、車屋さんのアレを手伝いに行ったりとか」と、中古車買い付けのアルバイトで生活をしていたと告白した。

また、番組では当時のどん底時代のストレスが、野村の体にどのような影響を及ぼしているのかと検証。様々な検査の結果、野村の余命は12年ではないとか予想され、共演者からは驚きの声が上がっていた。

人気だったにもかかわらず、その後のアルバイト生活を告白したのは元・Whiteberryのボーカルの前田有嬉もいる。「夏祭り」で一躍ブレイクしたWhiteberryだが、バンド解散当時の18歳の頃から10年近く、居酒屋やスーパー、水道検針などのバイトを経験してきたと明かしてたことがあった。

関連画像

関連記事