星野源「恋」が三冠!「dヒッツ年間ランキング2017」「レコチョク年間ランキング2017」を発表

2017.12.8 12:07

星野源「恋」が三冠!「dヒッツ年間ランキング2017」「レコチョク年間ランキング2017」を発表サムネイル画像

星野源

株式会社レコチョクは、ストリーミングサービス「dヒッツ(R) powered by レコチョク(以下、dヒッツ)年間ランキング2017」(集計期間:2016年12月1日~2017年11月30日)と、ダウンロード部門「レコチョク年間ランキング2017」(集計期間:2016年12月1日~2017年11月30日)を発表。その中で、星野源の「恋」が三冠を達成した。

同ランキング内の「myヒッツランキング」1位に輝いたのは、星野源の「恋」。「myヒッツ」とは、「dヒッツ」内で自分の好きな楽曲を毎月10曲ずつ登録できる機能。

「恋」は、2016年に星野源自身が出演したTBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌で、初回放送日である昨年10月11日(火)より配信を開始、エンディングで出演者が踊る「恋ダンス」も社会現象となり、「dヒッツ年間ランキング 2016」でも「myヒッツランキング」6位にランクインした。

ドラマ終了後も音楽番組での歌唱、第89回選抜高校野球大会の入場行進曲への起用など話題が続き、2017年上半期「myヒッツランキング」で1位を獲得!その後も約20万人を動員した“Live Tour 2017『Continues』”、また、CMやドラマ、歌番組など多方面での活躍が続く中、「恋」の人気も衰えず、年間ランキングでも1位を獲得となった。

ストリーミングに続き、ダウンロード(シングル)部門である「レコチョクランキング」も、星野源「恋」が1位を獲得。2016年10月11日(火)よりダウンロード配信を開始、週間ランキングで14週連続、月間ランキングでは5カ月連続で1位を獲得し、ともにレコチョク史上最長1位の記録を更新した。「レコチョク年間ランキング2016」では6位にランクイン、2017年上半期は1位を獲得、年間でも1位と2017年で最もダウンロードされた楽曲となった。月間ランキングでは集計期間内では昨年12月から3カ月連続1位、その後も50位以内にランクインと、ロングヒットを続けてる。

さらに、総合ランキングである「アーティストランキング」でも、星野源が2017年度上半期に続き年間でも1位に輝いた。星野源の楽曲は、1位を獲得した「恋」の他、日本テレビ系水曜ドラマ「過保護のカホコ」主題歌「Family Song」が28位にランクイン。「恋」のロングヒット、そして、「Family Song」もドラマの視聴者をはじめ多くの方に支持されダウンロードされ、年間で一番シングルがダウンロードされたアーティストとなり、ストリーミング部門、ダウンロード部門を通して三冠を獲得した。

関連画像

関連記事

関連リンク