次課長・河本、土田晃之への無茶振りで番組から呼ばれなくなったと激白「怖かったですよ」

2017.12.6 21:00

次課長・河本、土田晃之への無茶振りで番組から呼ばれなくなったと激白「怖かったですよ」サムネイル画像

河本準一

5日に放送された毎日放送系『ごぶごぶ』に、土田晃之と次長課長の河本準一が出演し、河本が土田と初めて共演した深夜のコント番組のことを振り返る場面があった。

当時、大阪で活動していた次長課長が、東京の番組で爪痕を残そうと必死になった結果「結構つっちー(土田)に無茶苦茶したんですよ、アドリブで」と、台本にないような展開もどんどん土田へ振ってしまったと話した。

続けて河本は「無茶苦茶怒られましたね」と、番組スタッフに「関係ねぇことやんじゃねえよ!」と、厳しく叱責されたといい「『もうちょっと大阪で揉まれようか』ってそっから呼ばれなくなったんですよ」と、スタッフから大阪での活動を進められ、このコント番組への出演が無くなってしまったと明かした。

これに当の土田は「あ、そうなの?」と知らなかったと話しながらも「次課長きてたのに、急にフットボールアワーきたの」と、次長課長の出演予定が急に変わったことに驚いたとも話していた。

河本は「怖かったですよ、そっからつっちーと会えなくなりました」と、土田との苦い初共演を思い返していたようだった。

芸能活動で”降板”を経験したと話した芸能人は矢口真里もいる。矢口はスキャンダルで降板したCMの違約金を払っていると話し、矢口は「借金しないようにちょっとずつ返してます」と少しずつ返済していると語っていたことがあった。

関連画像

関連記事