三代目JSB今市隆二、歌詞を書くときのシチュエーション明かす「キャンドルなどで雰囲気を出して…」

2017.12.2 17:30

三代目JSB今市隆二、歌詞を書くときのシチュエーション明かす「キャンドルなどで雰囲気を出して…」サムネイル画像

「LOVE or NOT♪」

現在、dTVとFODで同時配信されている三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE・今市隆二とベッキーがMCを務める「LOVE or NOT♪」第12回では、露崎春女登場回の未公開トークが一挙公開されている。

三代目JSB今市隆二、歌詞を書くときのシチュエーション明かす「キャンドルなどで雰囲気を出して…」画像48057

「LOVE or NOT♪」

今市から露崎にデビュー当時と今で音楽の向き合い方で変わったことはあったかと聞くと、「デビュー2年間の修行で曲を書くことを学んで、自分なりに音楽を作っていった」と話し、さらに「20年続け、歌手っていう目線だけではなく、自分でプロデュースをするっていうことができるようになった。」と語っている。

今市も同じ質問に対し、「デビュー当時は、与えられたものを歌うのみではなく、アーティストとして発信する気持ちが強いので、聞いてくださる方を考えて歌うっていうのはありますね。変な歌詞とかは書けないな〜とは思いますね。もし変な影響を与えちゃったらっていうのもあるので」と聞いてくれるファンを考えていることを語っている。さらに露崎から「最初に歌詞を書いた時、すごいはずかしくなかったですか?」と聞かれると「やばかったです。恥ずかしいですよね」と話した。

どこで書くことが多いのかという質問に、「煮詰まったら外に出るけど、基本はデスクに向かいますね。」と語る露崎と同様に、今市も「街歩いていたら降ってくるとかも言われますけど、机に向かわないとできない!」と語っている。「どんな部屋でやってますか?」と聞かれると今市は、「作業部屋みたいなものがあって、仮でレコーディングができる部屋があって、キャンドルなどで雰囲気を出して夜、書いてます。」と語った。

また、同番組では、2018年2月にイベントを開催することが決定。トーク&ライブのスペシャルな空間が公開収録される予定だという。また、このイベントで番組MCの今市隆二とステージに立ってパフォーマンスするバンドメンバーを募集することも発表された。プロ・アマ・年齢・性別は問わないとのことなので、興味のある人はぜひ特設ページからチェックしてみてはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク