オードリー・春日、ドッキリ中に帰宅しネット賛否両論「出す器であってほしかった」「よくやった」

2017.12.1 21:00

オードリー・春日、ドッキリ中に帰宅しネット賛否両論「出す器であってほしかった」「よくやった」サムネイル画像

11月30日に放送されたTBS系で放送『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』に、オードリーの春日俊彰が出演し『後輩が連れてきた女性が大食いだったら先輩はおごる?おごらない?』と題したドッキリにかけられた。

番組内では、春日との食事会に後輩芸人・初恋タローが大食いタレントの大森砂奈と桝渕祥与を銀座の高級寿司店に同席させ、大食いタレントであることを知らない春日の反応を観察した。

仕掛け人のタローがおかわりを勧めながら、女性二人だけで高級寿司290貫を完食。

この高額支払いに春日は二人が席を立った隙に「コンビニあるかな?ちょっと帰ってくる前に下ろしてこようかな」と、銀行ATMへ行くと店を出て行った。

しかしその後も春日は戻ってこず、店員から春日分の代金だけ支払い済みと明かされ、10万円以上の支払いを残した春日は電車で帰宅していた。

マネージャーが連絡し、番組企画だと明かされて戻ってきた春日は「やっぱりちょっと10万1500円は払えない」「春日の評価が下がるのと、10万円払うってなったらやっぱり評価下がるほうが全然いいから」と、コメントした。

この放送にネットでは「寿司代10万出す器であってほしかった」「一緒に払おうと言えばいいのに」「コンビニ行くって言って嘘ついて逃げたのカッコ悪いな」と、春日の行動に疑問を持つ意見と「自分だったら知らない人のために10万も払いたくない」「ケチじゃなくて普通だから!」「春日よくやったwww」「あれでこそ春日だわ(笑)」と、好意を持つ意見に割れていた。

過去にネットで賛否両論が沸いた発言をしたのは、歌手のSoweluも居る。Soweluは理想の恋愛観として、携帯の暗証番号を教えあうことや、昔付き合ってた女性の情報等も消去してほしいと明かし、その他の考えにもスタジオからは共感できない様子の声が上がっていた。これにネットでは「soweluさんヤバすぎ」「わたしSoweluとおなじ」などの賛否両論が上がっていた。

関連画像

関連記事