ROTTENGRAFFTY 約5年ぶり・超待望のニューアルバム「PLAY」リリース決定

2017.11.29 22:00

ROTTENGRAFFTY 約5年ぶり・超待望のニューアルバム「PLAY」リリース決定サムネイル画像

ROTTENGRAFFTY

ROTTENGRAFFTYが、2018年2月28日(水)に約5年ぶりのとなる超待望のニューアルバム「PLAY」をリリースすることが決定した。

このニュースは、ROTTENGRAFFTYがシングル「70cm四方の窓辺」のリリースを記念して実施した東名阪対バンツアーのファイナル、超満員の新木場スタ
ジオコーストで発表された。

本ツアーは、大阪なんばHatchではUVERworld、名古屋ダイヤモンドホールではヤバイTシャツ屋さん、そして新木場スタジオコーストでは打首獄門同好会
をそれぞれ招き、全会場即日SOLD OUTの超満員のライブとなった。

そして、本日行われた新木場スタジオコースト公演の終盤にステージ上の大スクリーンにて、突然ニューアルバム「PLAY」がリリースされることが発表され、あまりにも突然のニュースに、フロアはどよめきと大歓声に包まれた。

ROTTENGRAFFTYがフルアルバムをリリースするのは「Walk」以来の約5年ぶりとなる。ニューアルバム「PLAY」には「ドラゴンボール超」10月度エンディングテーマとなった最新シングル「70cm四方の窓辺」、シングル「So…Start」や、ライブやフェスの定番楽曲となっている「世界の終わり」も遂にアルバム初収録。アルバムの全容はこれからの発表となるが、強力な新曲も多数収録予定でファン必携の1枚となること間違いなしだ。

さらに初回限定盤にはDVDも付属。内容は後日公開となるが、ファンの期待を裏切らない豪華な内容を予定している。

YouTubeには、本日の新木場スタジオコースト公演で流れた「PLAY」の告知映像がアップされているので、こちらも要チェックだ。

年末には自身主催の「ポルノ超特急」が控えているROTTENGRAFFTY。「PLAY」リリースに向け、新たな情報がどんどん解禁されるとのことなので、目を離さないでいて欲しい。

関連画像

関連記事