木下優樹菜の”無茶な要求”にフジモン悲鳴も世間は「いい夫婦やん」「憧れすぎる」

2017.11.24 21:15

木下優樹菜の”無茶な要求”にフジモン悲鳴も世間は「いい夫婦やん」「憧れすぎる」サムネイル画像

木下優樹菜

23日に放送されたTBS系『ニンゲン観察!モニタリング』に藤本敏史と木下優樹菜が出演し『突然ユッキーナが夫婦の新ルールを提案したら 夫・フジモンは受け入れる?』と題したドッキリを敢行した。

その内容は、現在お互いの収入を個々で管理しているが、木下が月に15000円のお小遣い制を導入したら受け入れるかどうかというもの。

この提案に藤本は「安すぎるやろ!」と強く抵抗。続けて「おかしいてそういうのはもう、ままごとじゃないんだから」と説得を試みる藤本に対し、木下は「は?それ優樹菜のセリフですから」と、徐々にお小遣い制の話からただの夫婦喧嘩に発展。

日頃の不満が飛び出す中、木下が今月分のお小遣いとして15000円を渡すと、藤本は「もうわかったわかった、やるよじゃあ」と渋々承諾。

そして交渉成立の矢先、仕掛け人の後輩芸人らが複数登場。後輩芸人の会計は先輩がおごるのが通例だが、藤本は「伝票こっち持ってきといて」とお小遣い制を気にせずご馳走し、スタジオからは感心した様子の声が上がっていた。

最後にネタばらしをした木下は「年末に向けてのガス抜き」と、言いたいことが言えたと笑顔を見せ、藤本は「それはモニタリングでやることなの?」とツッコミを入れ、周囲の笑いを誘っていた。

この放送にTwitterでは「ユッキーナとフジモン毎回面白い!」「とりあえずまじフジモンとユッキーナ憧れすぎる」「いいなあ。ああいう夫婦」「なんだかんだでめっちゃいい夫婦やん」と、和んだ様子のコメントが多く寄せられていた。

藤本らの仲の良さに反響が寄せられたことは過去にもある。木下が「優樹菜のことどう思ってるのかなって」と藤本に電話すると、「何急に?」「え?」と戸惑いながらも「愛してる愛してるの1.2フィニッシュ」と告白し、木下は照れた様子を見せ、ネットでは「ほっこり」「ユッキーナみたいな可愛い嫁なりて〜」などのコメントが寄せらていた。

関連画像

関連記事