GROOVEで満たされた最高の空間でK-mix RADIOKIDS 主催イベント 『LIVE KIDS vol.2』開催

2017.11.24 13:28

GROOVEで満たされた最高の空間でK-mix RADIOKIDS 主催イベント 『LIVE KIDS vol.2』開催サムネイル画像

K-mix RADIOKIDS 主催イベント 『LIVE KIDS vol.2』

静岡県の民間エフエムラジオ放送局K-mixにて毎週月~木曜15:08~18:55放送中の生ワイド番組「K-mix RADIOKIDS」が、11月12日に番組主催イベント『K-mix RADIOKIDS presents 第一不動産 Special LIVEKIDS vol.2』を開催した。

出演は、「feel the groove」をテーマに、Nulbarichとbonobosという最高のラインナップ。当日はオープン前からオーディエンスが列を成し、オープン時には、番組パーソナリティのDJ Roniがチケットのもぎりとして登場する演出も。フロアでは、県内で活躍するDJが「feel the groove」をテーマに、この日のためだけに制作したミックス音源が流れており、ライブ前から思い思いに身体を揺らすオーディエンスたちの姿が見られた。

否応なく高まるフロアの期待に応えるべく、まず登場したのは、bonobos。1曲目から彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のニューバージョンで会場を一気にbonobosの世界に引き込み、常に進化を続けるbonobosらしい、新曲を中心とした貫録のステージをみせてくれた。その後の転換時には、会場限定のラジオ番組のOA。つい先ほどまでステージにいたbonobosの蔡とDJ Roniによるトーク、そしてこのあと登場するNulbarichのJQとDJ Roniによるトークで、笑いが起きたり、拍手や歓声が起きたりと、ラジオ番組主催のイベントらしい演出で会場を沸かせ、JQの「これからそっちに行きます」という合図の後にNulbarichのステージがスタート。JQの登場と共に会場の空気は一気に最高潮へ。JQの「最高のヴァイブスを感じている。また静岡来ないといけないな。その時はわかっているよね?」の声に、約500人のオーディエンスは、この日一番の歓声で答えた。ラストは、DJ Roniとbonobos、そしてNulbarichのJQがステージに登場し、会場にいる全員による番組の合言葉「We are RADIOKIDS!」で幕を閉じた。

ライブ終了後には、入口に掲げられたイベントバナーが「LIVEKIDS vol.3」に変更され、「vol.2の出口がvol.3の入口」という演出も。また、会場外に用意されたフォトスポットには、2組のサインが入ったイベントポスターも掲出されており、多くのオーディエンスが足を止め、今日の記念にと思い思いに写真を収める姿も見られた。

最初から最後まで、様々なGROOVEで満たされた1日となった。

【DJ Roniコメント】

2016年にナルバリッチの「NEW ERA」と出逢った時。
絶対このGrooveを静岡の街に響かせたいと思いました。
2017年、最初の生放送の日に私はなんとなくbonobos「THANK YOU FOR THE MUSIC」を選曲しました。
そしてLIVEKIDS vol.2はこの2組を迎えての開催となりました。

ラジオ番組主催のイベントとして、あちこちにラジオの空気やラジオだからこその手作りの温かさを散りばめました。それ等もGrooveの欠片として楽しんでほしかったからです。
vol.2のテーマ「Feel the Groove」は、正に音楽に身を委ねてただただ感じ、楽しんで欲しいという想いからでした。

2組のライブ後ステージに上がってその想いが届いたことを確信しました。
私自身にも来てくれた皆からのGrooveが届きました。
最後に、bonobos、ナルバリッチ、と一緒に叫んだあの一言をまたvol.3でも
皆と大声で言えますように。「We are RADIOKIDS!!」

関連画像

関連記事