DJ KOO、脳動脈瘤からの活動再開を報告「一週間遅ければ命の危険もあった」

2017.11.24 10:56

脳動脈瘤の術後療養を行っていたダンス&ボーカルグループ・TRFのDJ KOOが24日、オフィシャルブログを更新し、活動再開を報告した。

「『復活!!』~家族とTRFメンバーへの感謝の気持ち~」と題して更新されたアメブロは、「オッケーー!!DJ KOO 復活しましたーー!!!色々とご心配をかけましたが、担当医である上山先生、野田先生より活動再開のお許しを頂くことが出来ました。」と約2ヶ月半ぶりに活動を再開することを報告。

「9月初めに番組の『人間ドック』企画で脳動脈瘤が発見され、数日後には札幌偵心会病院に入院し9月13日に手術。動脈瘤が9.8mmと腫れ上がり破裂寸前で、視神経をも圧迫し難しい状態でした。一週間遅ければ命の危険もあった程でしたが、無事に9月21日に退院。そして先日、術後検査で本当に嬉しい結果が出ました!」と脳動脈瘤の診断から治療、仕事復帰の許可が出るまでの流れを説明した。

「今までは脳動脈瘤という大きな病気を目の前にして、この先の人生が見えなくなり、どうしていいかわからなくなって、、、自分の体は普段通りに戻れるのか、こんなに仕事を休んで忘れられてないのか、、、体と心がこれまで味わった事のない暗い自分にとじ込もってしまった瞬間もあったけど、そんな自分をそばで支え励ましてくれたのが家族でした。家族の愛情がどれだけ救いとなったか、、病気以上に大きい家族の愛情に自分は新しい命と人生をもらったと自負しています。」と病気を知ってからの心境や家族への想いを綴ったほか、定期的な健康診断の重要性を訴えた。

最後は「最後に、自分が休んでる期間、4人で頑張ってくれたTRFのメンバーに感謝と、そして共に最高の25周年を一緒に迎えられることを心から嬉しく誇りに思います!!」と来年2月にデビュー25周年を迎えるTRFのメンバーへの感謝の気持ちを綴り、「皆さんどうぞこれからもよろしくお願いいたします!!健KOO第一!!」と締めくくっている。

ブログにはイルミネーションを見ながらトレーニングしている写真や担当医との3ショットなども公開している。

関連画像

関連記事

関連リンク