綾野剛、星野源ら出演「コウノドリ」今夜、松岡茉優演じる下屋の運命が大きく動く?

2017.11.17 21:00

綾野剛、星野源ら出演「コウノドリ」今夜、松岡茉優演じる下屋の運命が大きく動く?サムネイル画像

(c)TBS

17日、第6話が放送されるドラマ「コウノドリ」。

今夜の放送では、今シーズンから専門医として活躍する下屋(松岡茉優)が先輩であるサクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼らず、積極的に患者と関わりだしていた。そんな最中、同じ名前、年齢の妊婦と出会う。この妊婦との出会いで、下屋の運命が大きく変わっていくこと…という展開を見せる。

毎回放送後にはSNSを中心に共感や感動、そして涙したという声が多く上がる同ドラマ。2シーズン目を迎えたこともあり、登場人物それぞれの成長物語も見どころの一つになっていると言えるだろう。今夜の放送から、松岡茉優演じる下屋がどのような運命をたどっていくことになるのか、注目が集まるところだ。

【第6話あらすじ】

下屋(松岡茉優)はピンチヒッターとして行ったこはる産婦人科病院で、切迫早産で入院している神谷カエ(福田麻由子)と出会う。この病院で唯一の入院患者だったカエは、不安が募っていた。下屋はカエの不安を少しでも取り去ってあげるため積極的に相談に乗っていた。名前も年齢も同じ2人は意気投合し仲良くなり、プライベートでも関わっていく。

患者に首をつっこみすぎじゃないかという白川(坂口健太郎)に、下屋は自分で判断する力をつけることも大事、サクラ(綾野剛)や四宮(星野源)に頼ってばかりじゃ、一人前になれないと反論する。

そんな中、下屋はカエの様子から何か異変を感じ、こはる病院の院長に告げる。院長から「週明けに検査する」という言葉を聞き、帰路についた下屋だったが、ペルソナに戻ると、こはる産婦人科病院からの緊急搬送の知らせが。こはる産婦人科病院からだという言葉に嫌な予感を覚える下屋。心肺停止で運ばれて来た妊婦はカエだった。

関連画像

関連記事

関連リンク