星野源演じる四宮の「バーカ」に大きな反響!ドラマ「コウノドリ」赤ちゃんに起こった予測のできなかった事態とは?

2017.11.10 21:00

星野源演じる四宮の「バーカ」に大きな反響!ドラマ「コウノドリ」赤ちゃんに起こった予測のできなかった事態とは?サムネイル画像

(C)TBS

本日、夜10時に第5話が放送されるTBSドラマ『コウノドリ』。

綾野剛演じる心優しき産科医、鴻鳥サクラが今回診察するのは、妊娠27週の妊婦、西山瑞希(篠原ゆき子)。診断の結果、切迫早産の可能性があり急遽入院することに。そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できなかった事態が…。

産科医療をメインとしたストーリーに、共感と感動を呼ぶと評判の同ドラマだが、本編と並行して視聴者の注目を集めているのは、星野源演じる四宮春樹と接触する妊婦、”謎の女性”の存在だ。

この”謎の女性”、前回の第4話でその正体が明らかとなったことでも話題を呼んでいる。そして二人は男女の関係ではないか、と白川(坂口健太郎)が勘違いしていたことに対して、四宮が「何一人で勘違いしてんだ、バーカ」と叱責するという一場面があった。

このシーンにTwitterでは反響が寄せられており「四宮春樹のバーカの破壊力すごいとおもうんだよね」「四宮先生の『バカ!』にニヤニヤしてる」「たまんねーーーーー」「四宮先生に『バーカ』って言われたい人生だった」と盛り上がりを見せている。今夜も話題を呼ぶ展開は見られるのだろうか。

【第5話あらすじ】

サクラ(綾野剛)の元に診察に訪れた妊娠27週の妊婦、西山瑞希(篠原ゆき子)診断の結果、切迫早産の可能性があるので急遽入院することに。同じく切迫早産で入院している妊婦、七村ひかる(矢沢 心)の病室に小松(吉田羊)が瑞希を連れてくる。同じ境遇の2人はすぐに意気投合し仲良くなるが、そんな中、瑞希の赤ちゃんに予測できない事態が起こる。

白川(坂口健太郎)が見ているベビーは下屋(松岡茉優)が3日前に緊急帝王切開した超低出生体重児の翔太くん。翔太くんは早期に手術の必要があるが、両親はこの時期に帝王切開になった経緯に納得出来ず、今橋(大森南朋)に手術をしないことを告げる。赤ちゃんと一緒に生活していく家族のため、下屋がある行動を起こす。

関連画像

関連記事

関連リンク