ハリセンボン・近藤春菜、自身の体調不良を告白「救急車のお世話に…」

2017.11.10 20:55

ハリセンボン・近藤春菜、自身の体調不良を告白「救急車のお世話に…」サムネイル画像

(C)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

9日に放送された日本テレビ系『スッキリ!』で、ハリセンボンの近藤春菜がある告白をする場面があった。

放送日の11月9日は『119番の日』であることに触れ、番組内では119番をかけたことがあるかと水卜麻美アナウンサーが質問。

加藤浩次が「僕はないです」と話し水卜アナもないと答える中、近藤は「私救急車のお世話になってことがありまして」と過去に救急車で運ばれたことがあると告白。

そして「34歳なんですけど今、尿管結石に」と、病名も明かし「おじさんの病気かと思ったら私ちょっとなってしまいまして、お世話になりました」と、現在は回復したと話しながら当時を振り返った。

続けて「父が(119番に)かけてくれたんですけど、救急隊員の方本当に優しくて、落ち着いてね、電話しないと」と、119番にかける際は落ち着いて連絡してほしいと自身の経験を交えながら周知した。

過去に救急車で運ばれた経験を明かしている芸能人は星野源もいる。星野は過去にくも膜下出血を起こし救急車で搬送されたと話している。手術も行い、幸いにも後遺症は残らなかったため、現場に戻ることができたと振り返っていたことがあった。

関連画像

関連記事