ストレイテナーが秦基博とのコラボ曲誕生秘話を語る

2017.11.10 13:00

ストレイテナーが秦基博とのコラボ曲誕生秘話を語るサムネイル画像

スペースシャワーTV

10月にメジャーデビュー15周年、2018年からはバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入したストレイテナー。

先月にはアニバーサリーイヤー第1弾のトリビュートアルバム『PAUSE〜STRAIGHTENER Tribute Album〜』をリリースし、
来週11月15日に第2弾、秦基博とのコラボレーションシングル「灯り」がリリースされる。

今夜11月10日(金)21時より放送される、スペースシャワーTVで大好評放送中のレギュラー番組「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪」 の最新回のゲストに、ストレイテナーのホリエアツシとナカヤマシンペイが出演する。

番組内では、そのシングル誕生の秘話を語り、きっかけが今年6月にスペースシャワーTVで放送された「V.I.P. ─秦基博─」だったことが明らかになった。

また、以前より秦基博の「アイ」をカバー曲として歌っていたホリエアツシが「V.I.P.」に出演した際、2人で行ったスタジオライブにて「アイ」を披露し、このセッションがきっかけとなり、満を持して、今回ストレイテナーと秦基博のコラボ曲「灯り」が生まれることとなったという。

メロディーや歌詞に至るまで、全てホリエアツシと秦基博の共作で作られたという「灯り」。貴重なコラボ誕生の秘話を、番組内で語っている様子は見逃さずにチェックだ。

関連画像

関連記事

関連リンク