又吉直樹の小学生離れした卒業文集公開にネットでは「普通じゃない」の声

2017.11.10 6:30

又吉直樹の小学生離れした卒業文集公開にネットでは「普通じゃない」の声サムネイル画像

ピース

8日に放送された日本テレビ系「1周回って知らない話」に出演したピース・又吉直樹が卒業文集を公開し、ネットで話題になっている。

番組では又吉をゲストに迎え、芥川賞を受賞した後の仕事の変化や、幼少期などについてトークを展開した。

その中で、奇行が目立っていた又吉の少年時代が明かされ、小学6年生の卒業文集を公開した。”修学旅行の1番の思い出”というテーマで綴られた又吉の文集には、夕食で焼肉を食べている時に、水が少し入ったコップに残った焼肉のタレやニンニク、焦げた肉などを入れ、遊んだ時の様子が書かれており、「うすきみわるい つぶつぶの入った赤色」などの描写がどことなく怖いと共演者を驚かせた。

この文章にTwitterでは「又吉の卒業文集怖すぎ笑」「又吉さんの小学校の卒業文集の作文…やっぱり普通じゃない」「又吉先生、小学生の文章力じゃない」「又吉ってやっぱ元々凄いんだな…」など、様々なコメントが投稿されており、又吉の文章力や発想力に感心した声が上がっていた。

又吉の才能は芸能界でも絶賛されており、以前放送されたテレビ番組では稲垣吾郎が又吉の女性を書く表現力を称えていた。

関連画像

関連記事